読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルと「守破離」

アクティブラーニング×PR×多言語

3つの軸でオンリーワンに。不公平な社会の中で勝負できる「自分の価値」を創る方法

「自分の特技ってなんだろう?」「自分には何ができるんだろう」って思ったことありませんか?

 

f:id:halu_jpn:20170507134340j:plain

世界で活躍しているウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」の代表の猪子寿之さんが情熱大陸に出ていた時に大学生に向かって発していた言葉に社会人7年目の僕は衝撃を受けました。

 

猪子さんの発言(放送内容より)

先生の言ってることってほとんど嘘だよね。(一同笑)

なんか、学校というのは本当のことを言っちゃいけないんだみたいな。もっと本当のことをちゃんと言った方が良いと思っていて。

社会は不公平だし。大人になると価値のないやつは誰にも相手にしてもらえないし。

こういうことをここまでハッキリと言い切っている人を見たのは初めてでした。 

 

 

「価値」ってなんだろう?「価値」を言語化してみました

f:id:halu_jpn:20170507135618j:plain

まず、「人に受け入れられる差異」をもつことが必要だということです。カンタンに得られないスキルであればあるほど一目置かれます。

「10,000時間理論」という考え方があって、野球などのスポーツや、楽器演奏、芸術に時間を注いで10,000時間やれば、プロ並みになれるというものです。野球のイチロー選手やゴルファーの石川遼さんがイメージしやすいと思います。

 

f:id:halu_jpn:20170507135621j:plain

次に、その能力があることを知られていないと指名されないし、チャンスも得られないので「自分は◯◯ができる」と伝えることが必要になります。

 

f:id:halu_jpn:20170507135622j:plain

上の2つを実践すると、「そういえばあいつは◯◯できたよな。いっしょにやれないか聞いてみよう」というふうにチームに入れたりするわけです。

 

f:id:halu_jpn:20170507135623j:plain

図にしてみました。

やっぱりベースには、「突き抜けた能力」(人に受け入れられる差異)をもっている必要があります。

 

 

1つの強みだけだと人と被る。「3つ」の軸を決めて時間を注ぐとオンリーワンの存在になろう!

f:id:halu_jpn:20170507134339j:plain

僕はPRの仕事をしていますが、PRができる人は日本にたくさんいます。

そこで「英語」を習得すれば、インバウンド・海外誘客の仕事ができるようになります。「PR×英語」で、「人に受け入れられる差異」をつくれるというわけです。

 

その言語習得を支えるのが「アクティブラーニング」です。「英語」を習得できていない日本人が多いのは事実ですよね? 効果的な学習方法を理解してから英語学習に取りかからないとダメだと思い、「アクティブラーニング」を勉強しました。

(くわしくはこちらの記事で)

「最も優れた学習方法」を習わずにもがいていた私たち。成長を生み出す「学ぶ技術」 - ハルと「守破離」

 

「アクティブラーニング」を勉強している時に「ん?これPRにも活かせるじゃないか!」と思ったことがあるので1例紹介します。

 

「さ〜らりとした〜♪」と聴くと、反射的に「梅酒〜♪」と答えてしまいませんか?

人の記憶は、「情報への接触頻度」と「印象」の強さで決まります。脳科学、サイエンスの視点からPRノウハウを得られたのはすごく良い発見でした。

 

 

まとめ

10,000時間理論の話をしましたが、やっぱり「好きなこと」を軸にするのが良いと思います。好きなことじゃないとなかなか続かないですよね。You Tuberの「好きなことで生きていく」っていうキャッチフレーズは本当にそのとおりなんじゃないかなと。

 

あなたの軸はなんでしょうか?

ぜひこの機会に設定してみてくださいね。